乾燥肌が悩みの種なら|性能のいい化粧水を使おう

医療機関で治療可能

目

まつげが少ない、短い、ボリュームがないといった悩みは、実はまつげ貧毛症によるものかもしれません。貧毛症とは、体質や加齢、ケアによる刺激、事故や病気の後遺症や副作用などでまつげが少なくなる病気です。そのため、病院で治療が可能です。皮膚科、美容外科、内科、眼科などの科で治療を行っています。すべてのこうした病院でまつげ治療を行っているわけではないので、あらかじめ調べたり問い合わせてから行くと良いでしょう。病院での治療とはいっても自由診療となるので注意が必要です。全額自己負担となるため、その点については意識しておきましょう。自由診療ですが、医師の指導の元なので確実な効果が得られるというメリットがあります。

病院ではどのようにまつげの治療を行うのかというと、薬の処方や生活習慣への指導、必要ならば植毛などが行われます。事故や病気など明らかな原因がある場合以外には、原因の特定も問診などにより行います。薬は、毛根が残っている場合は基本的にはまつげの生え際に直接塗るものを処方されますが、内服薬が処方されるときもあります。毛根が残っていない場合には、植毛を行うこともあります。こうした治療と平行して、まつげに負担をかけないような生活をしたり、バランスのよい食事と睡眠をとりまつげの育成を助けたりなどの工夫をすると、さらに効果的です。特に、エクステやつけまつげなどはまつげに大きく負担をかけてしまうので、ボリュームの低下や少なさが気になりだしたら一旦控えると改善が早くなります。

Copyright © 2016 乾燥肌が悩みの種なら|性能のいい化粧水を使おう All Rights Reserved.