乾燥肌が悩みの種なら|性能のいい化粧水を使おう

目ヂカラがアップした

まつげ

アイメイクが不用になる

日本人は欧米人に比べてまつげの本数が少なく、毛の根元のカールの角度が少ないという特徴があります。そのためアイメイクに時間をかけるようになるのですが、長い間にはまつげが痛む原因にもなります。まつげは強い光や汗、外部からの異物などから目を守る働きがありますが、まつげが短かったり少ないとその役目が果たせず、病院での治療が必要となる症状も出てきます。まつげ貧毛症という病気で自由診療の扱いとなり、保険は適用されません。近年育毛剤や美容液で増やしたり伸ばしたりすることに注目が集まっています。育毛剤は緑内障の治療薬として開発された成分が、副作用でまつげの育毛や増毛効果が生じたことが発端です。まつげの長さや密度、色の濃さがアップする効果が確認された後育毛剤として広まりました。

自然に増やす

育毛剤は病院で処方する薬ですから、効き目が高いのですが副作用を併発する場合もあります。そのため、事前に効能や副作用についてしっかり確認しておく必要があります。美容液は育毛や増毛に加え、まつげの健康を保つ成分がたくさん配合されています。手軽に購入できることと、就寝前のスキンケアの一環としてマスカラのように、まつげにつけるだけの作業であることから人気が高まっています。一日一回つけるだけですから時間もかからず気持ちも楽に取り組めます。薬ではないので即効性はないのですが、少なくとも三ヶ月は続けることで効果を期待できるようです。まつげの増量の効果によって目元の印象がはっきりしますし、朝のアイメイクの時間短縮ともなります。昼間の目元のお化粧直しにも神経を使うことがなくなります。

Copyright © 2016 乾燥肌が悩みの種なら|性能のいい化粧水を使おう All Rights Reserved.